カテゴリ:最近思うこと( 35 )

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

ブライダルの現場や研修の場等、様々な機会に「笑顔」の大切さをお話します。
いつもは伝える側。
でもやはり、笑顔で応対されると爽やかな気持ちになりました。

今日、仕事で必要なアイテムを探しにあるお店を訪問しました。
実際に思い描いていたものかどうかイマイチ確信が持てず、レジにいる店員さんに尋ねたところ、
「少しお時間をいただいてもよろしいですか」と
笑顔でお答えくださいました。
この笑顔が非常に爽やかだったのです。
もちろん、明るい声もプラスされ相乗効果があったことは間違いないのですが、
建前での笑顔と、心からの笑顔の差は明らかに違いがあると実感しました。

もし私が、企業の採用担当なら、こういった人材を採用したいと考えます。

かつてOLをしていた頃、上司がこんなことを言っていました。
「仕事は非常に出来るが、愛想のない人」と「仕事はイマイチだが、愛嬌のある人」
どちらを採用しますか?(どちらと一緒に仕事をしたいと思いますか?)

とても難しい質問ですよね。

一緒に仕事をするとなると、仕事ができないと困ります。
しかし、愛嬌のない人だと、周りの人たちがその人に気を使うことに意識を使い、
本来の仕事に力を発揮できなくなるのです。
仕事が出来る出来ない以前に、協調性があり、周りに順応出来るということは
人として当たり前のことなのです。

今月は、今年の新入社員さんを対象に、来月以降は、学生さんを対象に研修をさせていたく予定があります。
当たり前のことではありますが、やはり「笑顔」の大切さをしっかりお伝えしてきたいと思います。

みなさんも、今一度、ご自分の「笑顔」を確認してみてくださいね。034.gif
[PR]
みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

私の住居がある近辺は、市役所や消防署、病院が近く、便利な反面、
消防車や救急車のサイレンも非常に多く聞かれます。
深夜、もう皆が寝静まった頃、いつもの如くパトカーのサイレンが鳴り響き、
近くなったかと思うと、急にピタッと止まりました。
あまりにもサイレン音が近いので、ベランダから覗いてみると、自損事故が起こっていました。
運転操作ミスなのか原因は分かりませんが、運転手さんも怪我なく無事な様子にホッとしました。

緊急時の警察の対応は、本当に素晴らしいですね。034.gif
TVで24時警察報道を観ることがありますが、
あっという間に沢山のパトカーや覆面パトカーが集結し、現場を取り囲んでいます。
それが今回のように、大きな事件に結びつかないものであってもそうなのです。(当然ですが)

随分以前になりますが、横断歩道を青信号で走行する自転車に自動車が接触し
その後、逃走してしまった現場に遭遇したことがあります。
この時、はじめて「110番通報」をしたのですが、やはりあっという間にパトカーや救急車が集まってきました。
自転車に乗っていた方への応対や、通行人への事情徴収、逃げた車の捜索に緊急配備がひかれ
この時も、警察って凄いな~と感じたことを覚えています。

そして今日は、昨夜、自損事故があった場所近辺を
おまわりさんが自転車に乗り、パトロールする姿を目撃しました。
4人のおまわりさんが、交通規則を守り、縦一列で走行。
快晴のお天気の影響か、平穏な日常にほのぼのした気持になりました。

私たち一般市民には、人としてのモラルが求められますが、
日々の安心・安全を守って下さる警察官のみなさまに、感謝の気持ちでいっぱいです。058.gif
[PR]
みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

先日、神戸に出張した際、生田神社の前で待ち合わせをしたため、
生田神社初参拝を楽しみにしていたのですが、拝殿できずに帰岡。
でも、いいことが立て続けに起こっています。

学びを共にした仲間からの連絡や新たなジャンルのお仕事のご依頼など
目に見えないながらに環境が変化しつつあることを感じています。

神戸でお会いしたFさんは、地元で社長業をなさっています。
常に社員の幸せを考えながら、社会貢献が会社の基盤と言い切るほど頼もしい存在です。
私には未知の世界でありながら、ビジネスにおいて必要な要素をお話下さり、
今後の私に役立つだろうとさりげなくご教示下さいます。
Fさんから見た私に、ビジネスに必要な要素がわずかながらにも備わっていると
恐縮ながらにお言葉をいただきました。
残念ながら、今の私にはまだ理解が出来ていません。
しかし、そんな風に応援して下さる良き仲間に出逢え、こうして良きお付き合いができることを
感謝せずにはいられません。
そして、こんな私に会いたいとご連絡いただける仲間の存在にも感謝です。
みんな、ありがとう♪053.gif

正直、どちらかというと自らアクションを起こすタイプではありませんでした。
ただ、ここ最近、何かを考える以前に行動に移していることが多々あります。
でも、それが正解なんでしょうね。
人のご縁は運。
しかし、その運を活かせるかどうかは、その人自身によると聞いたことがあります。
きっと、今の私がそうでしょう。
背中を押され、なんとなくやってきた今までの人生。
これからは、自らの意思で運命を切り開いてゆきたいと願っています。

何かのご縁でブログを呼んで下さっているみなさま。
本当にありがとうございます。
私のブログを読むことにより、何か感じて頂けると幸いです。
沢山の失敗がある私ですが、これからもよろしくお願いいたします。003.gif066.gif
[PR]
みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

「あなたの長所は何?」「あなたの短所は何?」
これはよく聞かれる質問だと思います。

【伝える】仕事をしている私にとって、仕事で置き換えると、「強み」と「弱点」。
私の最強の強みは、この声質。
自分ではよく分からないのですが、「きれいな声ですね」とくすすぐったいお言葉を頂戴します。
しかし、MCをはじめたころは、この声質がコンプレックスだったのです。
20代のころは、ハキハキと明るく、はっきり話すことに精一杯。
年齢的に、それでよかったのかもしれませんが、結婚式のしっとりした雰囲気ではイマイチ馴染めなく悩んでいた記憶があります。
それでも、発声練習を繰り返し、自分の声を作り、今では、落ち着いた声質に近づいたように思います。

意外かもしれませんが、「声」って、作れるんですよ!!

しかも、「弱点」が、今では、「強み」となっています。
コンプレックスがあったからこそ、練習に練習を重ね、今の声質が出来上がったのかもしれません。

また、アナウンサーと素人さんの大きな違いと言えば、「イントネーション」。
つまり、「アクセント」です。
もっとも基本に忠実に行っているのが、NHKのアナウンサー。
その他の局アナは、・・・とも言われています。
私もマイクを持つ人間として、ここはまだまだ精進しなければならない点。
同業者が現場に見学に来られると、いつもと違う緊張感に襲われます。
プロなのにアクセント大丈夫?!と思っている私ですが、
不思議なことに、お客様からの指名やお褒めの言葉が多いんです。

ここが「素人」と「プロ」の評価の違いなんですよね。

お客様からすると、きれいに話すことが良いことではなく、
如何に楽しめて、「あー、いい結婚式だった」と思えるか。
そこに温かさや、感動があるかどうかが判断の基準なようです。

アナウンサーのように「きれいに話さなきゃ」ということも私のコンプレックスの1つでしたが、
最近は、温かさのある話し方も私の「強み」だと思えるようになってきました。

この事を話していたJさんから。
「みんな変化を怖がる生き物。だからイレギュラーは怖いんだよ。
でも、人はみんな一緒じゃない。
今のあなたの強みを延ばすべき。
話し方にあなたの人格がプラスされるから、人の心を動かせるんだ。
より磨きを掛ければ、より輝けるし、唯一無二の存在になれる」と。

私には、もったいないような言葉。
でも、お客様が喜んで下さることが一番。
お客様の言葉を真摯に受け止め、「弱点」が「強み」に変わるよう
より一層努力したいと思います。003.gif
[PR]
みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

先日、某ディーラーを訪問しました。
もちろん車を見るためです。
GWに車が故障し、そろそろ買い替えも視野に入れなければ・・・との思いがあってです。

まずA社。
展示車を見ていると、営業らしき方がやってきて、「よかったら乗ってみてください」と。
条件さえあえば、購入も考えていたので、その後、試乗に。
ところが途中から、集中豪雨に遭遇。057.gif
私の車は、輸入車なので、国産車と少し使用が異なり、
リアワイパーの動かし方を尋ねたのですが、この営業さん、リアワイパー動かしたことなかったのでしょうか、
あたふたされていました。
その後、商談テーブルに移動し、見積もりを作成して下さいました。
私も何を質問していいのかよく分からなかったのですが、事前にホームページでリサーチしていたので、
パンフレットに書かれていることと同じようなことを説明して下さっていることは分かりました。
不快な思いを抱いた訳ではないのですが、淡々と接客をされたイメージです。

その後、日を改めB社へ。
時間の関係で私1人が訪問しました。
展示車を見ていると、後方から「いらっしゃいませ」と元気のいい声が。
振り向くと、満面の笑顔がありました。058.gif
やはり「挨拶」と「笑顔」は大切ですね。
その後、その車のセールスポイントを熱心にお話し下さいました。
パンフレットにも記載がない内容だったので、非常に興味深く聞くことができました。
もちろんデメリットも尋ねます。
予想通りの答えでしたが、躊躇することなく、はっきりお答えいただいたので、営業マンの印象は上がります。
お話をしていて、私の職業病でしょうか、この営業さん「聴く」=「傾聴」ができている方だなと感じていました。
私が車に対して何を重視しているか(性能、機能、価格、安全性など)を探りながら
お話をして下さっていることが読み取れたのです。
しかも話の途中で、「僕がお店の顔です」との発言が。
研修講師中ではないのに、思わず私も「そうですよ」と答えていました。
それだけの自覚を持ってお話をして下さっているからなのか、
この営業さんだったら信頼できるかもという気持ちになっている私がいました。

人の心理って面白いですね。
自分で自分の心理を分析していました。037.gif

実は、A社もB社も、初めて訪問。
しかも同じ車を見せて頂きました。
なぜ、2つの会社を訪問したかと言いますと、
最初に訪問したA社での接客が、私の心をつかんで下さらなかったからなんです。
「検討中です」の装いで出かけましたが、本心は買う気満々だったのに
そこで購入しようと思えなかったんですね。

で、違うお店を尋ねてみました。

結局、私は、「その人の人柄」も購入要素の1つだなということが分かりました。
「その人が信頼できるかどうか」を見極めているんだなと。
それが営業トークの中や、雑談の中から伝わり、後押しをしてくれているんだと。

この話を夫さんにした所、
「俺もわが身を振り返ったよ」と。
なぜなら、職種は違いますが、夫さんも営業さんだからです。

そして私も同様です。
私は、夢やサービス、ノウハウを売るお仕事。
だからやはり人間力が大切です。
勉強になりました。045.gif
[PR]