感動

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

巷では運動会や秋祭りが開催されていたようですが、充実した3日間を過ごさせていただきました。
もちろん、お仕事ですよ。060.gif

今日の結婚式では、余興で”踊り”のご披露がありました。
北海道の「ソーラン節」と九州の博多踊り。
別々のグループでしたが、どちらもとってもお上手。
私たちは、北と南の踊りが一度に見れたので、とっても贅沢な気持ちでした。
さらに、新郎の妹さんがお二人にサプライズでサックスの演奏をして下さいました。
これまた、とってもお上手。
思わず、新郎様の目もウルッとするほど。
やはり、結婚式は特別ですね。016.gif

こんな感じで、楽しく過ごしていたのですが、何より素晴らしかったのは、新郎新婦様のお手紙です。
結婚式を行うにあたり、最初に考えたのが、「感謝の気持ちをつたえること」。
職場のご上司やご友人たちはもちろんですが、この世に生きる命を授けてくださったご両親に
最も感謝の気持ちを伝えたかったそうです。
そのお気持ち通り、お手紙にも素直でまっすぐな気持ちがストレートに綴られていました。
その言葉を受け取ったご両親も、真っ直ぐに息子、娘を見つめ、深々とお辞儀をなさっていました。
ご両親にとっては、いつまでたっても息子であり娘。
でも、これから新しい家庭を築く1人の人として、俯瞰しながら今まで以上に見守る覚悟をし、
心の中で卒業式をなさっていたかのように感じられました。

結婚式は、新郎新婦さまの想いが大きく反映されています。
私たちスタッフも距離的には、新郎新婦さまと近いのですが、
私にとっては、ご両親のお気持ちも感慨深いものがあります。
それは、私の年齢がご両親に近づいたからなのでしょうか。
結婚式は、やはり特別なものですね。001.gif

純粋でピュアな心を持つ新郎新婦さまです。
a0259293_22302215.jpg





















ウェルカムボードです。
a0259293_22305092.jpg
















お開き後、お二人がくださったボールペンです。
大切に使わせていただきます。016.gif
a0259293_22314986.jpg
[PR]