試験

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

私の仕事上、年間の読書量はかなりのもの。
そんな私を横目に、夫さんは、勉強好きだね~とつぶやいておりました。
ところが、夫さんの環境も急変。
ここにきてさまざまな資格を取得しなければならなくなりました。

夫さん: 「う~ん、頭に入らん。なんで覚えられるの?」
私   : 「書いてある内容を理解できれば、自然に記憶できるけど?!」
夫さん: 「その、書いてある内容を理解するのが大変なんですけど・・・。」
私   : 「読解力です。」
夫さん: 「俺には読解力が足りないらしい・・・。」
私   : どれどれ。テキストを読みながら、
     「この設問は、AとBの違いが理解できているかどうかを問われているので、
      その違いが理解できていれば答えられる問題です。」
夫さん: 「なるほど。じゃー、こっちは?」
私   :  「ここは一般常識で判断すると、前後の文脈から消去法でXとYが残る。
      次の文章を読むとここも一般的常識でXです。」
夫さん: 「ふ~ん。」

全てが当てはまる訳ではないのですが、
資格試験だと設問者の意図が分かれば答えやすい問題や、一般常識で何となく対応できることもあります。
また、出題頻度の高い問題から取り掛かり、記憶すれば解答できる問題は必ずマスターするなど、
優先順位や取り組み方をちょっと工夫するとうまくいくケースがあります。

夫さんの試験日は、もうすぐ。
合格できるよう影で見守りたいと思います。001.gif

           
[PR]
by eiei00 | 2013-09-27 00:29 | 仕事