成長

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

昨日は、コミュニケーションスクールの開催日でした。
来月の発表会に向けリハーサル。
ビデオ撮影も行いましたよ。061.gif
自分の姿を見るのって何だか照れくさいですし、敬遠しがちですよね。
でも、私の講座では、出来ている自分を認識していただくために撮影を行っています。
実際、ご自分の姿を確認していただくと
「意外とちゃんと話していますね」
「もっとグタグタかと思っていました」・・・と皆さんプラスの評価。

そして、半年前はうつむきながら、自己紹介もタドタドしかったMさんの成長ぶりに目を見張りました。
実は、Mさん以外の方は、先月、テーマを一緒に考え、原稿を作ってきていただくようにお話していました。
先月お休みだったMさんは、講座の冒頭に好きなことをテーマに原稿を作成し、
ボディーランゲージをいれて練習することをお話しました。
原稿作成も、国語の授業では「起承転結」で学びましたが、
プレゼンの場合は、「結論→理由→事例→結論」という構成がポイントです。034.gif
一番最後がMさんの順番。
間違ってもタドタドしくてもOKなので、ひとまず挑戦してみましょうと、プレゼンをスタート。
ところが、半年前のMさんはどこへやら。
しっかり前を向き、大きな声で、はっきりとしたプレゼンを披露してくれました。
しかも、文章の構成もバッチリ。
もちろん、他のメンバーからも称賛の拍手が。038.gif
私もあまりにも嬉しくて、「半年前とは別人だけど、何がMさんを変えたの?」と尋ねてみました。
Mさんは、「先生の講座に参加して、なるほど、と思ったことが沢山あったんです」と。
難しいことをお伝えしている訳ではありません。
ただ、これだけはやっておきましょう、というポイントだけをお伝えしていたのですが、
忠実に実践して下さったようです。
本当に嬉しいですね~。016.gif
私の講座に参加して下さっている方は、それぞれに悩みをお持ちです。
それをどうにか克服したくて、参加して下さっています。
目に見えて成長という方もいらっしゃれば、1年かけて少しずつという方もいらっしゃいます。
こうして少しでもお役に立てているのであれば、スクールを開催している意義があると嬉しくなります。

夜、会食に出かけたのですが、ここでも営業職なのでコミュニケーションを学びたいですとご依頼を受けました。
最近は、男性の方からのお問い合わせも非常に多くなってきました。
もっともっとお手伝いができると幸いです。058.gif
[PR]