コミュニケーションって大切

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

今日は、コミュニケーションスクールの開講日でした。
半年間のレッスンの成果を発表する日。
3つの課題がありましたが、みなさんとても素晴らしいスピーチをして下さいました。029.gif

発表後、受講生の方から質問があったのですが、内容はお子さんとの会話についてでした。
お子さんたちの年齢は、小学生~高校生とさまざま。
会話をする際、言葉が単語で終わってしまい、今のままでは会話が成立するのかどうか
心配に感じているんだそうです。
社会人同士であれば、相手の気持ちを汲み取りながら話を聴くことが重要ですが、
家族間、特にお子さんとの会話であれば、相手の答えを引き出す質問力も必要かもしれませんね。
例えば、「今日もお友達と仲良くできたの?」だと、YES、NOだけで答えられますよね。
この質問を、「今日はお友達と何をして遊んだの?」にします。
すると、YES、NOだけでは答えられないですよね。
このように、相手に自由に答えてもらえる質問をオープンクエスチョンと言いますが、
会話のキャッチボールをしながら、少しづつでも会話を継続してゆくことが大切かと思います。

私も研修講師として登壇していると、若者たちと会話に説明力の少ないさを感じています。
ITの発達に伴い、携帯電話が主流となり、知り合いからの電話しか取らなくなった影響も
少なからずあるのでしょうか。
学校授業でコミュニケーションを教える時代もやってくるかもしれませんね。009.gif
[PR]