笑顔に勝るものなし

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

ブライダルの現場や研修の場等、様々な機会に「笑顔」の大切さをお話します。
いつもは伝える側。
でもやはり、笑顔で応対されると爽やかな気持ちになりました。

今日、仕事で必要なアイテムを探しにあるお店を訪問しました。
実際に思い描いていたものかどうかイマイチ確信が持てず、レジにいる店員さんに尋ねたところ、
「少しお時間をいただいてもよろしいですか」と
笑顔でお答えくださいました。
この笑顔が非常に爽やかだったのです。
もちろん、明るい声もプラスされ相乗効果があったことは間違いないのですが、
建前での笑顔と、心からの笑顔の差は明らかに違いがあると実感しました。

もし私が、企業の採用担当なら、こういった人材を採用したいと考えます。

かつてOLをしていた頃、上司がこんなことを言っていました。
「仕事は非常に出来るが、愛想のない人」と「仕事はイマイチだが、愛嬌のある人」
どちらを採用しますか?(どちらと一緒に仕事をしたいと思いますか?)

とても難しい質問ですよね。

一緒に仕事をするとなると、仕事ができないと困ります。
しかし、愛嬌のない人だと、周りの人たちがその人に気を使うことに意識を使い、
本来の仕事に力を発揮できなくなるのです。
仕事が出来る出来ない以前に、協調性があり、周りに順応出来るということは
人として当たり前のことなのです。

今月は、今年の新入社員さんを対象に、来月以降は、学生さんを対象に研修をさせていたく予定があります。
当たり前のことではありますが、やはり「笑顔」の大切さをしっかりお伝えしてきたいと思います。

みなさんも、今一度、ご自分の「笑顔」を確認してみてくださいね。034.gif
[PR]