勉強

みなさん、こんにちは。
岡山の研修講師&ブライダル司会者 齋藤栄子です。

今日は、医療機関向けの研修にオブザーバーとして参加させていただきました。
内容は、接遇マナーと電話応対。
昨今、医療機関でも接遇マナーが必要とされています。
私は医療機関に勤務経験がないので、他の業種とどのように違うのか興味津々でした。
拝見すると、医療機関は、ホスピタリティに重きを置いていますが、
他の業種の接遇マナーやビジネスマナーでは、形も非常に重視します。
先月、医療機関の新人研修を担当させて頂いたのですが、思わず汗たら~。042.gif
内容が盛り沢山過ぎたかなぁと心配になったのですが、それ位中身の違いが大きくありました。

その中でも、1つびっくりしたことがあります。
医療機関では、「おじぎ」の文化がないそうなのです。
私はブライダル業に携わっているので、腰を折る深いお辞儀(最敬礼)もよく行います。
しかし、医療機関では、お詫びの時か患者様が亡くなられた時のお見送りの時位なんだとか。
言われてみればそうですが、へぇ~というのが率直な感想でした。005.gif

医療機関では、まだまだ接遇マナーの導入がなされていない現状があるので
勉強の価値はありそうです。
そして、来年の春には、新人研修や接遇マナー研修を沢山担当受注したいので
今年は種まきをしっかり行っておきたいと思います。

あっ、
私の得意分野は、「コミュニケーション研修」。
その他にも、「ビジネスマナー研修」「接遇マナー研修」「アサーティブ研修」など
クライアント様のご意向によりカスタマイズもできますので、是非、お問い合わせ下さいませ。001.gif
[PR]
by eiei00 | 2012-05-23 23:48