東日本大震災から1年

みなさん、こんにちは。
齋藤栄子です。

明日で東日本大震災から1年が経ちます。
未曾有の被害をもたらした大地震。
そして、福島原発問題。
自分たちが育った土地に未だ帰れない人たちが大勢。
胸が締めつけられる思いがします。

私の夫が広島出身ということもあり、
福島原発について、私なりに思うことがあります。

聞いた話ですが、

AさんとBさんには、Cさんというお子さんがいらっしゃいました。
しかしこのCさんは、30代半ばでこの世を去りました。
癌を患っていたためだそうです。
余命わずかと知らされたとき、
「原爆被害者だから、自分が癌になったんだ」と
自分の両親であるAさんとBさんにあたったそうです。
きっと行き場のない不安がそうさせたのでしょう。

癌になった理由が、原爆の影響なのか否かは誰も分かりません。
誰かの責任にする訳でもなく、国を恨む訳でもなく、AさんとBさんは、粛々と毎日を過ごしています。
でも、やはり自分たちの子供が、自分たちより先にこの世を去ったことを寂しく思っています。
お子さんから言われた言葉を忘れることなく。

広島に原爆が投下され、67年。
心の傷は消えることがありません。


ただただ、早い復興を願うばかりです。
[PR]
by eiei00 | 2012-03-10 22:39